目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法を調べました!(歳)

こんばんは!プラス・ワンです。

寝不足や疲れがたまったりなどで出てくる目の下のクマは、実は血のめぐりが悪くて起きるようです。

今日はそのことをまとめてみました!

 

クマができる症状

疲れがたまっていたり、睡眠不足や栄養不足、冷え、ストレス、月経痛、眼精疲労、貧血などによって、目の下に黒ずんだようにみえるクマができることがあります。
おもな原因は、血の巡りが悪くなっている瘀血(おけつ)だと考えられています。
一時的な疲労によってできたクマならば、目の下に蒸しタオルを当てるなどして、血行を促したり、休養して疲れがとれれば、多くの場合は改善します。
しかし、慢性化している場合は、何か別の病気が原因の可能性もあります。

いつまでもクマが消えないようならば、医師を受診するようにしましょう。
目の下の皮膚は、卵の薄皮のように薄く、皮膚の下には、毛細血管がたくさんあります。

この毛細血管の血液の色素が肌に透けてあらわれているのをクマと読んでいます。

茶色のクマ、青色のクマなど、クマの色によって原因や状態を判断する例もありますが、皮膚の色素は個人差があるので、あらわれるクマの色だけで原因が明確になるとは限りません。
クマができる原因は、睡眠不足や過剰なダイエット、肌の新陳代謝の低下によって、皮膚のメラニン色素が沈着したり、紫外線による刺激、メイク落としや過剰なマッサージなどの摩擦によるくすみ、加齢による皮膚のたるみなどが考えられます。

 

クマができた時の対処法

クマをつくる原因となっている具体的な病気が見つからない場合は、対症療法が中心になります。
栄養と休養をとり、肌をこすりすぎないように注意しながら、温かい蒸しタオルなどを当てて様子をみます。

そして、一番難しいことかもしれませんが、ストレスを軽減させることも重要です。
加齢によるたるみが原因のクマは、改善が難しいのですが、肌の張りをとりもどすような、栄養のある食事をとることが大切です。
一時的にできた目のクマは、蒸しタオルで温めたり、しっかりと休養をとったり、バランスのよい食事をとることで改善します。

 

蒸しタオルがめんどくさい!という方は、ドラッグストアに使い捨てのホットアイマスクやレンジでちんするタイプのアイマスクなどもあるので、使ってみるといいかもしれませんね。

たまに使うのですが、翌朝、目の調子がよくなっている気がします!

そもそも解消するには頑張りすぎないというのも大事ですね。

体から出ているサインを知ることで大事に至らないように日頃から気をつけましょう!

 

プラス・ワンでは、相模原、厚木などの県央地区のお仕事を多数ご紹介をしております。

Web上に掲載していない案件も多数ございますので、お気軽にお問い合わせください!

 


株式会社プラス・ワン営業担当の一言コメント

-->