インフォメーション

  • 平成30年度 雇用保険料率および労災保険料率について

    2018年3月30日

    平成30年度の雇用保険料率について

    2018(平成30)年度の雇用保険料率は、2017(平成29)年度の保険料率のまま変更はありません。

    詳細は、平成30年度の雇用保険料率についてをご覧ください。

    平成30年度の労災保険料率について

    「労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則の一部を改正する省令」が施行されたことに伴い、2018(平成30)年4月1日から、一部の業種について労災保険料率が改定されます。

    業種ごとの料率は、厚生労働省ホームページの労災保険率表でご確認ください。

  • 平成30年3月分(4月納付分)から協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率が改定されます

    平成30年度の全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率が3月分(4月納付分)から改定されます。
    また、健康保険料率の内訳(特定保険料率および基本保険料率)についても改定されます。

    ※ 組合管掌健康保険については、健康保険組合ごとに保険料率が決定されます。変更内容や変更時期はご加入の健康保険組合にご確認ください。

    改定内容

    健康保険料率について

    健康保険料率は都道府県によって異なります。
    詳細は、全国健康保険協会(協会けんぽ)ホームページの 平成30年度都道府県単位保険料率をご参照ください。

    健康保険料率の内訳([基本保険料率]および[特定保険料率])について

    平成30年3月分(4月納付分)から、全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率の内訳である特定保険料率が、全国一律「37.3/1000」(3.73%)から「36.1/1000」(3.61%)に改定されます。
    基本保険料率は、健康保険料率(一般保険料率)から特定保険料率の「36.1/1000」(3.61%)を差し引いた料率になります。

    改定前 改定後
    健康保険料率 健康保険料率は都道府県によって異なります。
    詳細は、協会けんぽホームページの平成30年度都道府県単位保険料率をご参照ください。
    基本保険料率 都道府県の保険料率から
    特定保険料率の37.3/1000を差し引いた料率
    事業主・従業員 労使折半
    都道府県の保険料率から
    特定保険料率の36.1/1000を差し引いた料率
    事業主・従業員 労使折半
    特定保険料率 37.3/1000(3.73%)
    (従業員 : 18.650/1000)
    (事業主 : 18.650/1000)
    36.1/1000(3.61%)
    (従業員:18.050/1000)
    (事業主:18.050/1000)

    詳細は、全国健康保険協会(協会けんぽ)ホームページの協会けんぽの特定保険料率及び基本保険料率(保険料率の内訳表示)についてを ご参照ください。

    介護保険料率について

    平成30年度の全国健康保険協会(協会けんぽ)の介護保険料率は、「16.5/1000」(1.65%)から「15.7/1000」(1.57%)に改定されます。

    改定前 改定後
    介護保険料率 16.5/1000(1.65%)
    (従業員 : 8.250/1000)
    (事業主 : 8.250/1000)
    15.7/1000(1.57%)
    (従業員:7.850/1000)
    (事業主:7.850/1000)

    詳細は、全国健康保険協会(協会けんぽ)ホームページの 協会けんぽの介護保険料率について をご参照ください。

  • 【社会保険加入スタッフの皆様へ】社会保険料変更のお知らせ

    2017年9月21日

    1. 保険料は毎年9月に見直しが行なわれます。

    原則として7月1日現在、社会保険に加入している方について、4月、5月、6月の3ヶ月間受けた給与の総支給額の平均をもとに9月に改定されます。但し、今年の6月1日以降に社会保険に加入された方は対象から除外されます。(健康保険法第41条・厚生年金保険法第21条による)

    2. 4月、5月、6月のうち支払基礎日数(出勤や有休など支払の基礎となった日数)が17日以上の月を算定の対象月とします。

    支払基礎日数が17日未満の月は、その月を除いて給与の平均額を計算します。

  • 平成29年9月分保険料(10月納付分)から厚生年金保険料率が変わります

    2017年8月28日

    厚生年金保険料率が、平成29年9月分(10月納付分)から改定されます。
    ※ 改定内容の詳細は、所轄の年金事務所にご確認ください。
    ※ 厚生年金基金にご加入の事業所は、保険料率が異なる場合がありますので、加入されている厚生年金基金にご確認ください。

    改定内容

    厚生年金保険の保険料率が、現行の 181.82 / 1000 から 183.00 / 1000 に改定されます。

    改定前 改定後
    厚生年金保険料率 181.82/1000(18.182%)
    (従業員 : 90.91/1000)
    (事業主 : 90.91/1000)
    183.00/1000(18.300%)
    (従業員:91.50/1000)
    (事業主:91.50/1000)

    詳細は、日本年金機構ホームページをご覧ください。
    https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-gaku/gakuhyo/20170822.html?_ga=2.35376291.38890578.1508122036-57989188.1465436272

     

  • 就業規則一部改定のお知らせ

    2017年2月6日

  • 保護中: 就業規則に関して

    2015年8月25日

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。